太陽光発電の設置は合理的かの話 1

太陽光発電は、政府が発電量の全量買取と、その値段を決めたことから、これから急速に設置が進むものと思われる。しかし、現状でもその設置日の回収には、20年近くを要し、決して合理的とはいえない。途中に設備の故障もあるし、屋根の設備の負荷による、手入れも必要になってくると思う。まして、古い家に設置しようとすると、屋根の補強場合によっては、家そのものの補強も必要となる。そうなると、設置コストは、2倍近くにもなってしまい設備費の回収どころではなくなってしまう。一方では、太陽光発電を設置する人は、電気代は年々上がってくるし、意外と早く回収できると思っている人が多いように見える。 私の家は、築30年になっており、設置しても、大幅な屋根の補強と、家自体がさらに20年も、健全な状態であるとは思えない。何回か検討はしたが、結局、あきらめた。それよりも省電力の、電気製品に、購入するほうを選ぶことにした。

温湿度センサー 通風シェルター

タトゥー 除去 値段

ウブロ キングパワー 中古

ハウスクリーニングは大阪で

青山メインランド 迷惑